【太刀魚】ショアジギングで狙うためのルアーカラーの種類を知ろう

Enjoy fishing

こんにちは!

釣鯛吉です。

先日、

横浜まで釣行旅に行ってきました。

そこで、

狙っていたわけではないのですが、周りで良く太刀魚が釣れていたので、タチウオカラーに変えたら良く釣れました。

なので、

 【こんな悩みのある方必見】

・太刀魚狙ってるけど釣れないな?
・場所が悪い?やっぱ夜釣りかな?
・周りと自分の釣り方どう違うんだろ?

こんな悩みがある方に見て欲しいです。

太刀魚の特性からルアーカラーをチョイスし、場所や時期、釣り方までご紹介して行きます。

メタルジグは僕の好きなジグパラシリーズでご紹介していきます。

実際に、釣具屋さんに行ったけど、人気なカラーなので、売り切れてる場合もあります。

よし!釣ろうと意気込んでも、なかったら話にならないですよね泣

なので、リンクも貼っておきます。。

※大型の釣具屋さんには置いている可能性は大です。なので、近くの釣具屋さんが品揃え豊富なら安心です。

【タチウオ】ルアーカラーの選び方【ショアジギング】

選ぶメタルジグのカラー3選

まずは、太刀魚の特徴を知ろう

【太刀魚を狙ってみる】特性や釣り方、ポイントを探ってみた
今回は、人気ターゲット太刀魚について簡単にまとめてみました。太刀魚の生態や、ポイントなど知ることで釣果UPに繋げよう

1位・・・【最強】オールグローカラー
2位・・・【クセを知る】2トーンパープルカラー
3位・・・【アピール力】ケイムラカラー

【最強】オールグロー

魚という枠では、良くあたりがあったり釣れたりするカラーです。

オールグローは光を蓄積して、自ら発光してくれるカラーで、例えば海の濁り時や朝、夕まづめなどのローライトな時間帯に猛アピールしてくれるカラーですね。

全体がオールグローになっているため、より発光力が強く、アピールしてくれるジグ。

蓄積も時間が、たてば暗く発光しなくなります。

なので、ヘッドライトなどの光をあてることによりまた光ってくれます。

2トーンパープル

片面がグローになっていて、片面がパープル色になっているのが2トーンカラーです。ゼブラのようなシマシマのものもあります。

2トーンパープルの良さは片面が、グロー(自ら発光)してくれるので、魚へ猛アピールしてくれるのと、

太刀魚は共食いをします。

太刀魚の表面のギラギラした部分を『グアニン』と呼び、マニュキュアのキラキラにも使われてるそうです。

このグラニンのテカリが太刀魚からの目ではムラサキ色に見えているそうです。

なので、共食いする太刀魚はムラサキに反応するってことですね…

ケイムラカラー

太刀魚は比較的ボトム付近にいる事があります。

なので、紫外線で発光するケイムラカラーは日中や光の届きにくいところでもアピールしてくれるという性質があります。

ただ、グロー系とは違い光を蓄積する事はできないので、真っ暗闇だと活躍しないので夜はおすすめ出来ません。

場所や時期、釣り方まで

場所の選び方

SNSなどで、良くオフショアからの太刀魚釣行が見受けられますが、ショア(岸)からでも狙うことができます。

防波堤やサーフなどで、比較的水深の深いところを選んで下さい。

水温が低いと沖へ沖へと行ってしまうので、水温の高い時期がポイントとなります。

適した時期

先程も説明したように、水温が上がれば上がるほど浅場へとやってきます。

なので、夏から秋がショア(岸)から狙うのが多いです。

特に10月ごろピークで、

水温も落ち着いてきており、冬支度をするため、活性も上がります。

釣り方

太刀魚は夜行性のため、夜狙うのが一般的ですが、昼間でも狙う事ができます。

ショアジギングのように、比較的遠くのポイントを狙う釣り方や、遠投カゴ釣りなどがあげられます。

夜の活性時刻は、比較的近場へとやってくるので、近場で出来るウキ釣りやワインドなどが人気となります。

※注意点

魚は光ものに集まってくるのではなく、光に映ったプランクトンなどを小魚が食しその小魚が中型、大型と狙いにくるので、光に集まりやすいとされています。

特性や場所などを知ったらアクションもみていきましょう。

日中

日中は比較的沖のボトムでしたよね?

太刀魚は立ち泳ぎをすると言われています。

そして、泳ぐのが上手くなく、あまり動かずに獲物が通るのを待ちます。

なので、大事なポイントとしては、

 【太刀魚釣果ポイント】

①日中は出来るだけ沖に投げ込む
②泳ぐのがはやいわけではないので、ゆっくりしたジャークを見せる事
③その場の状況でカラーを変える

この辺が大事となってきます。

アクションは、

一旦ボトムに落とし、5.6回ほど軽めのワンピッチでジャークさせて、またフォールさせる。

フォール時に食いついてきたり、ゆっくり巻いてる時に活性が高ければ、追いかけてきて食いついてくる事があります。

夜は浅瀬でしたよね?

比較的近場へとやってくるので、ジグではなく、ワインドでも狙う事ができます。

そして、ワインドなら中にケミホタルを入れて発光する事で、太刀魚に気づかせる事ができる

 【太刀魚夜ポイント】

①活性の上がる時間帯でもあるので、浅場を選ぶ
②浅場で、ゆっくりとしたアクションをいれて気づいてもらう

夜は、活性が高めなので、ボトムから中層付近ぐらいまでいる事が多いです

まとめ

秋といえば太刀魚ですね。

この時期は脂ものり美味しいとされており、人気のターゲットになります。

横幅を指何本として表したり、秋のドラゴン祭りを楽しんで下さい。

因みに、ブルピンでも釣れます!!

ロッドの選び方は、ジグの重さで選ぶと良いです

【解決】ライトショアジギングロッドはルアー(ジグ)の重さで決める
人気のスポーツ『ライトショアジギング』で使用するロッドはルアーの重さで選んでください。釣りたい魚種やルアーロッド選びで迷っている方は必見。この記事であなたの悩みが解消されるかも。ターゲットを絞り込むことで余計な時間やコストをかけなくてすみます

コメント

タイトルとURLをコピーしました