【秋のドラゴン制覇】タチウオfish ルアーで狙う【必須タックル】

Enjoy fishing

魚たちの春の産卵時期の活性から、真夏は少し落ち着き、冬支度前の一番活性の上がる時期となる秋フィッシングです。

鋭く尖った刀のようなシルエットで、釣り人を魅了するドラゴン【タチウオ】を制覇しましょう。

  • タチウオってどんな魚?
  • タチウオってそもそも釣れるの?釣り方は?
  • どんな仕掛けが必要なの?

このような疑問に応えていきます。

スポンサーリンク


タチウオの特性は?

熱帯、温帯地域の砂泥地に群れで生息している

水深400m程まで潜ることもあるし、時には淡水域にまで出現することもある

産卵は6月〜 10月で、肉食でもあり小魚を捕食する。幼魚はイカや甲殻類を食べるが貝類などの硬いものは捕食しないことから、タチウオは歯を守るとされている

鋭い歯を持ち、人間の肌も噛みちぎってしまうので、釣れたら注意が必要です

夜行性で昼間は沖の深いところにいるが、暗くなるにつれて浅場へとやってくる

捕食が下手くそで、小魚が目の前を通るまで待つと言われる

タチウオってそもそも釣れるの?釣り方は?

タチウオは主に深場のイメージで、船釣りで良く釣れていましたが、ショア(岸)からも釣れます。

日中は沖の深いところで過ごしており、夜間に浅場へとやってくるため、近場でも釣りあがる事があります。

テンヤや遊導うきふかせ釣りなどがありますが、ここではルアーフィッシング(メタルジクやワーム)で狙えます。

タチウオは捕食が下手くそなため、昼間は沖にメタルジク30〜50gを遠投しスローな一定のワンピッチジャークで5.6回しゃくり、またボトムにフォールさせる。フォールもアクションの一つで、フォール中に食いついてくる事が多い。

夜は近場をワーム7g、15gぐらいで狙う。アクションはスローな一定のワンピッチジャークです

どんな仕掛けが必要なの?

  • ライトショアジギングロッド
  • スピニングリール
  • ライン
  • リーダー
  • ルアー(擬似餌)

ライトショアジギングロッド

ショアジギングロッドで遠投させ狙うのもよいですが、メジャークラフトが出してる、ライトショアジギング専用のロッドが、ショアジギングより手軽に扱えるので、おすすめとなります。

特徴として、ティップ(竿先)部分が柔らかく作られており、魚とのやりとりがしやすい。

中間部のバット部分の硬さがしっかりあり大きな魚でも対応出来る内容となっている。

グリップ部分もショアジギングと同じく脇に挟めるように長くなっており、長時間の釣りでも疲れにくい設計となっている

50gほどのルアーしか対応しないため、あまり重たいルアーには向かない

スピニングリール

3000番ほどがよいでしょう。

大きすぎると巻く量が多くなるため、スローな釣り方なので、4000番だと超スローになってしまうためです。

ライン

PEライン0.8号あたりがベストです。

細く強度があり、遠投がしやすいが、風の強い時には不向きです。投げる時にラインに手を添えて横風に流されないようにしましょう。風の強い時は竿先を下に向けると良いです。

根擦れに弱いラインなので、ショックリーダーとの組み合わせで使用して下さい。

リーダー

PEラインに直結で、タチウオは歯が鋭いため、ショックリーダー5号クラスがベストです

ルアー(擬似餌)

タチウオカラー

ムラサキ色に反応する習性もあるので、メタルジクの色はムラサキやピンクがおすすめです。

海の濁りや、朝、夕まづめ、深場を狙う時は、ゼブラカラー(グロー)やオールグローなどの自ら発光してくれ、魚へ気づいてもらいやすいルアーを使用するとよいでしょう。

夜は、ワインド(ワーム)で専用のケミホタルをワームの中に組み込み光で気づいてもらえる釣り方がおすすめとなります。

夜は浅場へとやってくるので、7gほどで波風が強い時は15gと使い分けてみると良いです

※釣り場で出たゴミは持ち帰りましょう。釣り場がなくなったり、プラスチックゴミを食べた魚が減少しています(社会問題)ルールを守り楽しく釣りをしましょう。

スポンサーリンク


コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました