【エサ釣りを覚えたら】スーパーライトショアジギングに挑戦

Enjoy fishing
タックル

今回は、最近流行りのショアジギングの中でも、より小さなしかも初心者でも手軽に始められる、スーパーライトショアジギングについて使用タックルと共に紹介していきます

そもそもスーパーライトショアジギングって何?

スーパーライト→ボクシングでいう、体重別階級と同じでメタルジグなどの重さの定義

ショア→岸の意味(岸から釣りを楽しめる)

ジギング→メタルなどの擬似餌を使って釣る釣法のこと

上記からわかるように、初心者でも防波堤などから手軽に始められるかつ、小魚狙いなので、釣れる魚も多い!

サビキ釣りやふかせつりなどを覚えたらルアーフィッシング(ジギング)もやってみたい。

使用タックル【道具】集

  • ロッド(竿)
  • リール
  • PEライン(リールに巻く道糸)
  • リーダー(ハリス)
  • ジグ(擬似餌、ルアー)

まずはロッド(竿)から

岸から投げ込むため、ある程度長めの9ft(1ft約30㎝なので、2m70㎝程)の長さがある方が良いでしょう。

初心者の場合、長すぎても扱いが大変なので、9ft前後がよく、9ft以内なら場所選びも重要です。テトラなどは先端まで行って、水しぶきを浴びたり、そのまま流されてしまう可能性もあるので、ある程度の長さは必須です。

※気をつけて楽しく遊びましょう

ジグの重さは20グラムまでが目安です。一番軽めのジグを使用するので、糸が切れてしまったり、根がかりが少なくなるのがメリットです

シーバスロッドやエギングロッドでも対応出来るので、いつか、シーバス狙いたいならシーバスロッドもおすすめです。

ここではスーパーライトショアジギングなので

それ専用のロッドを載せておきます↓↓↓

大体、初心者の場合1万円前後

中、上級者なら3万以上のロッドを選ぶと良いでしょう。

もちろん5.6千円のもありますが、傷が付いたり、折れたりとしやすいのがデメリットです。なので、こちらをおすすめします

リール

リールは2000円くらいのリールでも対応出来ますが、飛距離などを重視するなら5000円以上のものを選ぶと良いでしょう。道糸もナイロンより飛距離がでるPEラインを使用

2500番〜3000番クラスの小さなリールの方が、軽くて扱いやすいです。

ジギングは竿をしゃくり続けたりするので、身体への負荷を極力無くし、長時間でも楽しめるようにタックルを選ぶと良いです。

おすすめリールはコチラから↓↓

リール選びならコチラから↓↓↓

PEライン(道糸)

PEライン太さは0.6号程を選びます

同色のものや、色が分かれているものが、ありますが、色が分かれている方が、どの辺まで飛んだななど、自分の狙いたいポイントなどで、ジグの重さなどを変え調整できます。

PEラインはコチラからどうぞ↓↓

リーダー(ハリス)

ショックリーダーとも言われ、ふかせつりなどのハリスとは違い、同じ1号でも太さが全然違います。なので、ハリスと書いていますが、ふかせつりなどで表して表記しているだけです。お間違えなく

ハリスですると、すぐに切れてしまいます。

ここで、リーダーの選び方ですが、

フロロカーボン(強度のある糸)を選びましょう。慣れてる方では何ポンドとかで話ししたりしますが、素人の方は何号で充分です。ww

PEラインの太さ(0.6号なら)✖️4倍〜5倍=リーダー3号程度を選んで下さい

最後にジグ(擬似餌)

沢山種類がありますが、まずは安いので練習しましょう。最初に高いの選んで、根がかりし無くしてしまうぐらいなら、安いやつを沢山買って、慣れていきましょう。

3gから20g程

セットはコチラ↓↓飛距離変えれるのでコチラおすすめ

小さなアジでも引きが楽しめたり、数釣りが楽しめるので、初めての方にやってもらうのもよいでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました