【ライトショアジギング】安いリールでも青物釣れる【コスパ最高】

Fishing tackle data

今回、

メジャーブランドDaiwaのリールの中でもお手頃価格なリールを実際に使ってた感想と使い勝手も書いていきます。

エサ釣りからルアーフィッシングやってみようかなと考えていて、コスパ重視の方は是非見ていって下さい。

今回ご紹介するリールは60㎝オーバーのメジロクラスを、釣り上げた実績のあるリールです。

ライトショアジギング始めるなら安いリールでも青物釣れる

20 レブロスLT3000D-C

LTとは、(Light touch)の意味です。

軽量化に適したリールで、ギアやボディもタフに拘っているリールになっています

1000番〜6000番まであり、釣る場所や狙う魚種によって選ぶ事ができます

【番手】

1000〜2000番→渓流、アジング、メバリング
2500番→バス、トラウト、エギング、堤防対応
3000番→シーバス、エギング、堤防対応
4000番→LSJ、サーフ
5000番→LSJ〜磯対応
6000番→ショアジギングメイン

感想

使用タックルは、

・ファーストキャスト1002M
・レブロスLT3000D-C

・PE ライン1号
・ショックリーダー20lb
・ジグ30〜40g

軽量なので、片手で軽く持て女性や小学生の子供でも対応可能ですね。

40gと重たいジグを使っても、巻き感も軽くとても扱い安いです。

水洗いしても巻き感は変わらず耐久性もあります。

※3回〜5回の釣行で、オイルやグリスを入れています。

使い勝手

秋の入れ食いシーズンのメジロクラスのナブラが発生したところにジグを投げ闘いましたが、

巻き感も重みを感じずに対応できた。

シーバス対応タックルなので、シナリや重量感もあり上げるのに時間はかかりましたが、

リールへの不可もなく、あげる事ができるぐらいパワーのあるリールです。

逆転ストッパーもついていて、キャスト時の垂らしを整えるのに便利です。

7000円も行かないリールでここまでパワーがあると、大事に使っていれば長く扱える一品ではないかと思っています。

デメリットとしては、

60センチオーバーなら少し物足りなさを感じるので、ワンランクあげた方が良さそう。

軽いので、本格的なショアジギングをしたい場合物足りないです

まとめ

長時間でも疲れにくい、エサ釣りの間にちょっと投げてみたいと思う時にとても役立つリールだと思います。

PEラインも300メートル巻けるので、長いこと対応できます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました