【防波堤】ライトショアジギングで必要最低限な道具【荷物もライトに】

Enjoy fishing

ふかせ釣りやその他エサ釣りって道具多くて持っていくの大変ではありませんか?

あれもしたいこれもしたいで仕掛け満載

クーラーBOX・竿ケース・撒き餌などなど

揃えるものも多くてお金もかかってしまう。

だから、ルアーゲームに行く人も多いかと思います。

ライトショアジギングは防波堤で手軽に出来るルアーゲームです。

道具も必要最低限で始められて、コストをかけずとも楽しめるスポーツ感覚の釣り方です。

どんな道具だけで楽しめるのか見ていきましょう

ライトショアジギングに必要最低限な道具集

必要最低限な道具集

 【タックル集】

・ルアーロッド
・リール(PEライン)
・ショックリーダー
・ルアー(メタルジグ)3つほど
・ハサミ・ペンチ

 【装備】

・帽子
・靴(滑り止め)
・ライジャケ

正直これだけで、釣りに行けます。

ルアーロッド・リール(PEライン)・ショックリーダー・メタルジグ3つ・ハサミやペンチ

ルアーゲームを楽しめる必要最低限のタックル集です。

ロッドやリールは2.3000円ほどからあります。

無理な使い方をしなければ、長く使う事も可能です。

因みに5000円程で買ったロッドをその日で折ってしまう人もいます。

ジグの投げれる重さや投げ方などを守れば全然使用出来ます。

PEラインは1000円程でありますし、ショックリーダーも1000円以内であります。

ジグはダイソーで100円のもの、初心者向けの5個入りで1000円以内のものもあります。

フルセットもある場合があるので、釣具屋さんにあればラッキーですね。

ハサミ・ペンチ

ハサミは糸を切る時に使用しますね。

ペンチは小型のもので大丈夫です。

魚が釣れたら、針外しに使います。

装備

帽子・靴・ライジャケ

帽子は、あるもので大丈夫ですが、風が強く飛ばされる場合があります。

首紐が付いたものや、調節できる帽子をえらびましょう。

靴は、防波堤などは比較的滑らないですが、

例えば雨の日や潮が打ち寄せる時やテトラ帯などで滑ったりするので、

滑り止めの靴をえらびましょう

ライジャケは、自分の命を守るもの一緒に連れていくひとたちの命を守るものとして、準備しましょう。

3000円ほどからあるので、付けましょう。

海に落ちると、波に流されたり、緊急事態になると皆んなへ迷惑をかけてしまう事をお忘れなく。

っていう事で、必要最低限な道具だけ揃えて徐々に必要なものを揃えていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました