ライトなショアジギングロッド初心者なら9フィートが万能竿【理由】

Enjoy fishing

さて、ルアー釣りをやってみたいな。

そんな時にネットで調べること、

まずは、ロッド選びですよね?

ただ、調べて行くうちにこんな悩みがないですか?

 【悩み】
・9フィートって書いてあるけどなんのこと?長さなの?重さなの?なぜ、初心者は9フィートがいいの?

僕も最初なんのことかわからずでした。

なので、ネットや釣具店でなぜ、9フィートを推奨するのかまとめてみました。

ショアジギングロッド初心者なら9フィートが万能な理由

万能な理由3つ

まず、初心者で釣具屋さんに並んでいるロッド達をみていても、わかりませんよね?

そこで、釣具屋の店員さんに聞いたら9フィートをおすすめされます。

なぜ?

 【理由】

・初めてなら足場の良い防波堤や漁港を意識する
・初心者でもキャストしやすい
・キャスティングに力が入り疲れやすいため

こんな理由から初心者向けにお勧めしてくれています。

因みに9フィートですが、長さの単位です。

1フィート30㎝48㎜です。

なので、1フィート約30センチと覚えると、9フィートなら2m70㎝になります。

初心者簡単投げ釣りやサビキつりで使う竿は大体3m前後が、多いです。

理由1:足場の良いところ

場所も重要となってきます。

ショアジギングのショアはという意味です。

岸といっても、磯場、防波堤、サーフ、河口、河川などなど

初めて釣りをするなら、多分ですが、磯場から行く人はいないですよね?

誰かに釣れられてならあるかもですが、

そんなにないかと。。

だから安全で楽しく釣りが出来る防波堤などの足場の良いところを想定して紹介してくれる。

理由2:キャストしやすい

竿が長ければ長いほど投げるのが難しくなってきます。

短過ぎても仕掛けによっては投げにくいですが。

後ろに障害物や、人が多いところでは長ければ扱いにくいです。

しかも、慣れていない初心者なら怪我をさせてしまう事もあるでしょう。

重々に気をつけなければならない。

後は、遠心力を使ってなげるので、その練習として、9フィートがおすすめされます。

理由:キャスティングに力が入る

遠くに遠くに飛ばそうと力んでしまうため、最初は筋肉痛や疲れが出やすいです。

慣れてくれば疲れません

長ければ長いほど竿の重さも重たくなります。

何回もルアーを投げるライトショアジギングは疲れはつきものです。

最初は軽めのタックルをおすすめされるものとして9フィート前後がおすすめされるんでしょうね。

補足

シーバスフィーシングなどはもっと短いロッドを使いますが、防波堤などの海釣りでは後々他の魚種も狙いたいと思うので、

後々でも使える、そして初心者でも手軽に始められるライトショアジギングがおすすめされます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました