【理由】ショアジギングロッドの長さ9フィートの良さをまとめてみた

Enjoy fishing

ショアジギングロッドの長さってなんでこんなに種類があるのか?

始めはわかりませんよね?

これからショアジギングロッドの購入を考えられている方に、実際、使用してきて9ftロッドのメリットとデメリットをお伝えしていきます。

買うのに迷っていた方にわかりやすく説明していきます。

ショアジギングロッド9フィートの良さ

9フィートとは、

フィートとは、長さの単位になります。

1ft=30.48cm

なので、

9ft=274.32cm(約2m74cm)

に、なります。

大体1フィート30cmで覚えています。

9ftの使いやすさ

 【メリット】

・投げやすい
・初心者や女性、子供向け
・軽い

①投げやすい

ショアジギング初心者さん向けになります。

投げる時に後ろに障害物(テトラ帯)などがある場合、投げづらいです。

投げる時の垂らしはリールから1番目のガイド(輪っか)あたりまで足らしますが、障害物にあたる可能性が長い竿より低くなります。

②初心者や女性、子供向け

ショアジギングでは、ジャークと呼ばれるしゃくり方があります。

長すぎると、ジャークする時にやりづらい事があります。

9ft前後であれば、竿先が近いため、意識しやすい。

そして、扱いやすい

③軽い

ロッドが長くなればなるほど、重たくなっていきます。

ショアジギングは半日から一日楽しむ釣りですが、長時間しゃくり続けるとやはり身体への負担は大きくなります。

より軽く、より楽しくするために、短くする方が始めはおすすめです。

 【デメリット】

・テトラ帯や磯場などは少し厳しい
・飛距離が限られる

①テトラ帯や磯場などは少し厳しい

ショアジギングでは、PEラインというラインを使用して、より飛距離を出すのが一般的ですが、何より擦れに弱い

テトラ帯や磯場などは、

ロッドが短いと擦れてしまう可能性や、ジグなどを岩にあてて、塗装がはげたり、根掛かりしてしまったりしてしまいます。

9ftで楽しむのなら、足場の良い防波堤などが良いでしょう。

②飛距離が限られる

ショアジギングで重要視されるのが、飛距離になります。

ロッドが短い分、遠心力でなげるため短ければ短いほど飛距離は出なくなります。

遠くにナブラが出て、そこに投げたい時に投げれないなんてことも…

ただし、ナブラもどこで起こるかはわかりません。

手前に寄ってくる事も多くあるので、落ち込まずに待ちましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました