【汐見埠頭】釣り釣果記録!!小サバ大量 2020年9月22日

釣行データ

こんにちは!

釣鯛吉です。

ここでは、釣果データ【日記】を記しています。

釣果への第一歩として、参考になれば幸栄です!!

今回、大阪の汐見埠頭(砂上げ場)にお邪魔しました。

【汐見埠頭】釣り釣果記録!!小サバ大量 2020年9月22日

汐見埠頭での釣り記録

この日は、昼過ぎからの釣行。

子供と一緒にLSJを楽しみました!!

15g〜60gのジグを投げております。

汐見埠頭の良さは、車が横付け出来るスポットです。家族連れでも足場もよく、そして、夏でも車の影に入りながらでも釣りを楽しめます。

しかし、ゴミが凄いためゴミはちゃんと持ち帰りましょう。

2020年9月22日のデータ

水温はまだ夏の暑さが残っており、ぬるい

元々底質がヘドロなのか、海は濁っており雨の日は茶色く濁る場所

この日は、その中でも綺麗な方。

潮は風と共に沖へ流れていた。

サビキ釣りや、ジグサビキをされる方が多く見受けられ、サビキコマセが多く撒かれている日であった。

以前は、メジロクラスが表層をユラユラと泳いでいるところを目視。

大型のボラもコマセに集まっていた。

釣果記録

コマセに集まってきていたのか、投げて巻くだけでサバの入れ食い。

フロント、リアフック両かかりもあった。

15g〜60gとサイズもまばらなジグに関係なくアタックし釣れた。

ジグサビキやサビキ釣りも多くかかっており、クーラーを満杯にされる方も。

これだけ、ファミリー層がいてサビキコマセが撒かれているのだから、12月頃には良型のサバが期待もてる

潮の入り方によっては、青物の回遊も見られるのだろうが、圧倒的に数は少ないと予想。

釣具店での情報もアジやサバといった、サビキ釣りメインで楽しめる場所だろう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました