【大阪泉大津】サバが爆釣 汐見埠頭 速報2020年9月22日

Enjoy fishing

こんにちは!

釣鯛吉です。

今回は、秋に脂がのり美味しいとされているサバが汐見埠頭で爆釣していたのでその詳細を綴ります。

【大阪泉大津】汐見埠頭

汐見埠頭の特徴

泉大津の埋め立て地にある、釣りスポットです。

車を横付けできて、目の前が海。

※荷物を運ばなくてもOK

着いたら、車がズラリと並んでいました。ファミリー層がとても多く、子供も沢山いました。

大阪湾に向かって深くなっており、市内に向かって浅くなっている所です。

以前、8月にお邪魔したが、ヒラマサ?ブリ?の回遊があったので再度来てみました。

日程・時間・天気・潮の状態

日程・・・2020年9月22日(火)シルバーウィーク最終日

時間・・・10時〜14時

天気・・・晴れのち曇り(台風が近づいてるので14時ごろには、風が吹く)

潮の状態・・・満潮で、茶色く濁っていた

風向き・・・北東からのアゲインスト

地図

サバが爆釣

釣り方

ファミリーの方々たちは、あみえびを使ってサビキ釣りが多く見受けられた。そして爆釣。。

アジングや、ジグサビキをやっている方もいました。

僕は、ライトショアジギングをしました。

40gのジグをメインに30g、60gも使用。

最初の30分はまず、どのアクションが釣れるのか?

ワンピッチジャーク、ツーピッチジャーク、ただ巻きとやってみたが、あたりもなくでした。

早巻きからスローに変えてみた。

すると、すぐにあたりが、、

スローのワンピッチで、サバが釣れました。

濁りもあったため、発光色のメタルジクフルグロー40gを使用。

そのまま、3尾釣れ。

ルアーを30gに変更。

風がアゲインストだったので、投げても遠投出来なかった。

すぐにブルピンの60gに変更したら、まだ飛びました。

そして5匹釣れた。

使用タックルはDaiwaのジグキャスターでリールはSHIMANOのサハラ4000番を使用していたため、60gがアクションしやすい。

4歳の子供と行っていて、釣れ出すとやりたがる。

5ft前後の振出し竿に7gのジグをつけて、まだ投げれないので投げてあげて、竿を支えて巻かせる。

竿をチョンチョンという合図でリールを巻かせると1匹目、すぐバレて再度挑戦。

2回目は、竿だけ支えてあげて子供は必死に巻いていた。

すると、サバがかかった。

走る。。そして子供は重い重いと叫びながら巻き続けた結果。^ ^ちゃんと釣れました。

釣れてる魚

サバ、アジ、イワシが良く釣れていました。

サバの特徴

【防波堤から簡単に狙える】回遊時間は爆釣 サバを知ろう
防波堤から簡単に狙える魚でもある、サバについて、簡単にまとめてみた。大型になると、とても引きの強いサバです。時合の時間になると爆釣にも

まとめ

今回は、汐見埠頭にお邪魔しました。

濁りも凄かったので魚の警戒心もなくよく釣れた。

ルアーカラーもライブベイトではなく、濁りの強い時には、フルグローや赤金で魚に気づかせる事が大事だなあと思った。

※ゴミはちゃんと持ち帰りましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました