【ショアジギング】濁り時は海中に着目せよ!効果的なジクのカラー

Enjoy fishing

来週の休みに釣りに行こうと決めて、天気予報を見るかと思います。

ピンポイントで晴れてる!

でも、前日に雨だと釣れるか少し不安になりますよね?

・水温低下で魚がいなくなる可能性がある
・濁っていて釣りにならない
・塩分濃度が下がってしまう

などなどかなと思います。

ここで、プロアングラーはゴールド系やレッド系、グロー系をチョイスしますよね?

なぜなのか?

海中をイメージする事で改善されるかもしれません。

【ショアジギング】濁り時は海中に着目せよ!

海中はどのようになっているの?

ショアジギングはボトムに落として、探っていきますよね?

その際に表層の海水は右に流れているのに、水中では左に強く流れることはありませんか?

逆もありますよね?

ここから推測できることとしては、

海の中でも層ができているということです。

海に潜るとよくわかるのですが、表層は暖かくて潜ると水温が下がっていたりしますよね?

以外と知らなかった!

台風の後、大雨の後は、海が濁っている。

でも、海の中の方は澄んでいる事が多い。

濁りが出来る理由

濁りが出来る多くは、河川からの土砂が関係しています。

河川からの土砂は茶色く濁っていて、そのまま海へと続きます。

そして、水と海水では、水の方が比重が軽いため、水は表層付近に、海水は下の方になる。

そのため、濁りは水で上の方、海水は下の方になるわけです。

それなら、普通のカラーでも大丈夫じゃん

普通のカラーでも大丈夫ですが、今度、太陽光に着目しましょう。

プロは赤金とかゴールド系、発光グロー系がおすすめと言っていますが、

なぜなのか?

表層付近は土砂水で覆われているため、光が届かなくなるためです。

そのため、濁り時のローライトにはゴールドが見やすいということ、自ら発光してくれるグロー系がおすすめされるんですね!

まとめ

表層付近は土砂なので、塩分濃度は少ない。下層は塩分濃度が高い。

って言うことで、真水を嫌う魚は奥深くに潜るということ。

そこで、効果的なのが、赤金や金系、グロー系となります。

ワンポイント

比較的浅いところは、真水も混ざってしまうところもあるので、深場の場所を選ぶと良いでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました