【肉食魚であり高級魚】むつっこいムツについてまとめてみた

Enjoy fishing

今回は、脂っこい(方言でむつっこい)から名前の由来となったムツについて簡単にまとめてみました。釣りでも人気魚種ですが、肉食で鋭い歯をもつので、手で触らないよう注意して下さい!

 目次
・ムツの生態は?
・ムツの時期は?
・ムツのポイントは?
・ムツの釣り方は?
・ムツの食べ方は?

ムツの生態は?

スズキ目ムツ科の一種です

成魚は60㎝ほどだが、大きいもので1mを超えるものもいる

目と口が大きく発達しているのが特徴

沿岸から深海700m付近の岩礁帯で生息している

産卵シーズンが水温が高くなる10〜3月で、100m付近まで浮上してくる

肉食魚であり、小魚や、甲殻類、イカなどを捕食する

ムツの時期は?

ムツの釣りの時期は、沖などでは年中狙える魚として知られています。

幼魚のムツなら浅瀬に回遊しているため、防波堤から狙うなら春先から夏前と晩夏から晩秋ごろがピークとなります

食べると美味しい旬はほどよく脂がのる、冬から春前あたりまでが旬とされている

ノドグロは春から秋にかけてが釣れるピークとなるので、暖かくなってきたら赤ムツをターゲットにすると良いでしょう

赤ムツ

スポンサーリンク


ムツのポイントは?

主に水深100mから700mに生息しているため、船釣りで。

防波堤から狙うなら、根回りや岩礁際後は船の通る道のかけ上がり付近です

船の通る道は深くなっていることが多く、浅場と船の通る道の間に急に深くなるところがある。そこが狙い目になります

アジやメバル、カマスなどが釣れるところもポイントの一つです。

ムツの釣り方は?

主に深海に落とし込み釣りでエサにサバの切り身や、イカの切り身などをつけて釣り上げます。

防波堤からならライトゲームでアジング、メバリングなどの釣りで釣れます

防波堤は20㎝ほどが多いので、ジグヘッドにワームや小さめのメタルジグなどを用いて楽しんで下さい。

※鋭い歯をもち糸を噛みちぎる力を持つので、細すぎるリーダーですぐ切られてしまう場合は少し太めにしてみましょう(手も噛みちぎられるので、触らないようにして下さい)

ムツの食べ方は?

40㎝位上なら刺身が良いでしょう。脂がのり柔らかい食感を楽しめます。

30㎝程度なら、塩焼きや煮付け、味噌煮込みなどにして楽しめます。

脂分が多いため、バターなどの油はひつこくなるので、あまり使用しない調理方法が良いでしょう

※釣り場で出たゴミは持ち帰りましょう。釣り場がなくなったり、プラスチックゴミを食べた魚が減少しています(社会問題)ルールを守り楽しく釣りをしましょう。

スポンサーリンク


コメント

タイトルとURLをコピーしました