【解決】ライトショアジギングロッドはルアー(ジグ)の重さで決める

Enjoy fishing

ショアジギングの中でも、より軽くしたライトショアジギングのカテゴリーを選びこれからstartさせていくかた向けに書いています。

 【こんな悩みがある方向けです】
・カテゴリーでライトショアジギングを選んだけど、どのロッドを選べば良い?
・ルアー(ジグ)の重さに適したロッドは?
・狙うターゲットと大きさはどれくらい?

この記事では、こんなことがわかります。

  • ライトショアジギングの最適なロッドが選べる
  • ロッドパワーとルアーの重さでルアーの選び方がわかる
  • 釣りたい魚種に合わせたロッドが選べ『何を釣りたいのか?』が、定まってきます

この記事の筆者も、ふかせ釣り→投げ釣り→遠投カゴ釣りなど周りに回ってショアジギングにたどり着きました。

ショアジギングを一から学び、10回目の釣行から成果が次々と。。出てきました。。。

周り回ってお金も使いすぎてしまったので、同じような失敗をしないように丁寧に説明していきますね。。

失敗から学んで、自分なりにまとめてみたので、参考になれば光栄です。

ライトショアジギングロッドはルアー(ジグ)の重さで決める

前回はショアジギングのカテゴリーを説明

ショアジギング、ライトショアジギング、スーパーライトショアジギングのまとめを前回にやりました。

まだ見てないかたはこちらを見てからの方が良いです。。。

【簡単】ルアー釣りの種類、ショアジギング【釣れないなら始めよう】
釣り初心者ではないけど、ルアー釣りやってみたい。ショアジギングとはどんな釣り方などを解説しています。エサ釣りはタナ合わせが難しい。釣れない。隣はルアー釣りで次々と釣っている。家族に大物釣って自慢したい。だから、やってみたい。と、思っている方向けです。

見たよ!知ってるよ!!って方は、そのまま読み進めて行ってください!!

本題:ライトショアジギングロッドはルアーで決める必要があるの?

ルアーロッドには、狙う魚やルアーの重さによって種類が分けられます。

強烈な青物には、バットパワーが必要になったり、小さな魚に硬い竿でやっても、口が柔らかくすぐにバレてしまうなど、それぞれに特徴があります。

ただ、最初はターゲットも決まってなければ、どんなルアーを使ってよいのかもわかりませんよね?

メジャーどころのSHIMANO?Daiwa?で、良いか!ではなく、良いんですが、、

始めは、ライトショアジギングの生みの親『メジャークラフト』をおすすめします。

※注意点

無駄にお金を掛けてしまう前に、最低限ここはしっかり把握しておいた方が良いかもです。

張り切って90gジグを投げれるロッドを買うと、ルアーを無くす可能性が高いです、、笑笑

まさに自分がそうでした。。

メジャークラフトのライトショアジギングロッドのご紹介

軽いルアーロッドから説明します。

メジャークラフトのロッドでLSJ(ライトショアジギング)モデルは主に5つありますが、一つは上級者向けなので、4つご紹介しますね!

【LSJモデル4種】

・三代目クロステージ(スタンダードタイプ)

・ソルパラ(低価格+万能+子供や女性にもおすすめ)

・トリプルクロス(ライトショアの始まりロッド)

・エヌワン(最新テクノロジーナノパワー搭載)

三代目クロステージ

引用:メジャークラフト公式

引用元: https://www.majorcraft.co.jp/roditem/8022

バット部分に最新テクノロジーである、クロスフォース製法を搭載。

※カーボン→鉄と比較しても、軽いのに強度が約10倍にもなる。

そのため、

圧倒的な軽さと、合わせる時の感覚が抜群。細身で握りやすさも快適。

投げれるジグの重さは30g〜50gまで

そして、低価格帯!!

ここからわかることとして、よりライト(軽く)楽しめる事がわかります。

重たいジグを投げる時、どうしても力が入ってしまうため、1日釣りをすると疲れてしまいます。

30g〜50gまで投げれるので、3.40㎝の青物や大きければ60㎝ぐらいまでの魚は狙えます。

釣れたら家族に自慢できますね^_^

902や、962、1002の数字は長さです。

※902→9ft(1フィート30㎝48mm)

大体10ftで3mほどって事ですね。

 【メーカー希望小売価格】

・CRX-902LSJ 14,000円
・CRX-962LSJ 14,300円
・CRX-1002LSJ 14,500円
 【税別】
因みにAmazon価格はこんな感じです!
(2020年10月現在)

・CRX-902LSJ 11,789円
・CRX-962LSJ 12,959円
・CRX-1002LSJ 13,138円

ソルパラ

引用:メジャークラフト公式

引用元:https://www.majorcraft.co.jp/roditem/10028

元々、中、上級者向けに作られていたが、初心者や子供、女性にも使えるように改良されたロッドです。

年々、ルアー(擬似餌)も進化しており、様々なルアーに対応出来るようになっている。

釣りが全くの初心者などにはおすすめです。

理由としては、

最初は投げ方などでロッドに傷をつけたりしてしまう可能性が高いためです。

メジャークラフトのライトショアモデルの中で、最も安いロッドとなります。

初心者がライトショア入門される場合には、おすすめしてあげてください。

強度もあり、20g〜60gまでのジグが可能です。

40gがベストとなります。

【メーカー希望小売価格】

・SPX-902LSJ 9,300円
・SPX-962LSJ 9,600円
・SPX-1002LSJ 9,900円
 【税別】

因みにAmazon価格はこんな感じです!
(2020年10月現在)

・SPX-902LSJ 8,042円
・SPX-962LSJ 10,212円
・SPX-1002LSJ 10,788円

トリプルクロス

引用:メジャークラフト公式

引用元:https://www.majorcraft.co.jp/roditem/8863

トリプルクロスが、ライトショアの元祖!

今、巷で人気なライトショアを産んだロッドとなります。

メジャークラフトの12年の歴史の総まとめをここに注力したロッドで、

クロステージのワンランクUPバージョンになっています。

根魚の根に強く潜る時にはバットパワーが必須になってくるため、進化したロッドです。

ライトショアも慣れてきた、もっと合わせの繊細さなどを極める時には、このロッドがおすすめ

高級魚であるハタ類や中型の青物との戦いには、パワーが必須

ジグは、20g〜60gまで適用

【メーカー希望小売価格】

・TCX-962LSJ 19,500円
・TCX-1002LSJ 19,800円
 【税別】
因みにAmazon価格はこんな感じです!
(2020年10月現在)

・TCX-962LSJ 17,638円
・TCX-1002LSJ 10,788円
【税別】

ロッドとともにワンランクUPした自分へのプレゼントにどうぞ。

エヌワン

引用:メジャークラフト公式

引用元:https://www.majorcraft.co.jp/roditem/6945

エヌワンの一番の特徴はバットに最新テクノロジーナノパワーを搭載しているところだ。

『ナノアロイ』東レが出している、素材の事ですね。

ナノパワーは小さな粒子で、強力な接着剤みたく、しっかりロッドへ付着してくれ、バットパワーはもちろん、軽量で扱いやすい。

※そして、最後に環境にも良いとされている。

値段は跳ね上がるが、ロッドに何か問題があるのか?って思うくらい、安心して使えるのではないでしょうか??

3ピースモデルですが、強度は落ちないし、旅行などの持ち運びにも適用できます。

根魚や青物に対応していて、ジグは20g〜50gが最適です。

【メーカー希望小売価格】

・NSS-962LSJ 23,000円
・NSS-1002LSJ 23,500円
 【税別】
因みにAmazon価格はこんな感じです!
(2020年10月現在)

・NSS-962LSJ 21,074円
【税別】

エヌワンは中級者以上で大丈夫かと思います!!2本目

後、クロスライドシリーズもあります。

ここまで来ると、本物って感じなので経験を積んだ後に挑戦ですね。。大体3万円程です。。

まとめると

・三代目クロステージは、ルアー初めての方向け
・ソルパラは、完全初心者向け
・トリプルクロスは、中級者向け
・エヌワンは、中、上級者向け

最後にご紹介した、
・クロスライドは上級者向け

こんな感じです。なので、釣りをした事あるけど、ルアーもやってみたい方なら三代目クロステージから初めてみてはいかがでしょうか?

※長さの選び方ですが、

何処で釣るのか?も必要です。

防波堤や漁港などは、目の前が海で近いので短くてもokです。キャスティングに慣れれば長ければ飛距離も出ますし良いと思います。

テトラ帯や磯などは、足場が悪く、海まで届かず、ジグなどを引っ掛けたり、ぶつけてしまったりとあるので、長めが使いやすいです。

サーフなど遠投が必要な場所では、10ft以上あれば問題ないかと。。

三代目クロステージをおすすめ

引用:メジャークラフト公式

引用元:https://www.majorcraft.co.jp/roditem/8022

クロステージがいい理由

エサ釣りで釣れないし、ルアーやってる人は釣果がでてるな。自分もやってみよ!と初めましたが、投げて巻く。。

厳しい意見になるかもですが、、、

そんな簡単に釣れません。涙 奥が深いです。。

エサ釣りも始めは捨てれないと思います。

なので、まずはスタンダードに使えるロッドにするべきです。

50gまで投げれるので、ある程度の潮の流れには対応出来ます。早すぎるとめちゃ流されます。

そして、半々でも良いので、ライトショアも学ぶ事が大切です!!

※因みに僕は、ライトショアにどっぷりハマっています。

なぜなら、

投げて巻くだけと、ネットでは言います。

それは、興味を持ってもらえるために言っているからです。

簡単で、投げて巻くだけなら自分にも出来そう。

思ってしまいますよね?

趣味として始めたけど釣れなければ楽しくないですよね?

お金いっぱいかけて、損ばかりしたくないですよね?

家族に自慢したいですよね?

じゃあどうすれば良いのか??

解決

結論として、

学ぶ事です。←イヤっそれだけ。。

でもこれが、本質です。。

ルアーに使う、ラインやリーダーはエサ釣りで使っているナイロンではないです。まあナイロンでも行けますが。。

縛り方も違います。←間違えていたら5.600円で買ったルアーが無くなります。昼ごはん買えましたね。。

アクションも状況に応じて、ただ巻き、ワンピッチジャーク、リフト&フォールなどの基本があります。

他にも…

なので、エサ釣り、ルアー釣り半々で良いので、しっかり学ぶ事ですね!!

※始めた頃の自分に言ってます。笑笑

相場

ネット上には、

 【ロッドの価格】
・初心者→1万以内
・中級者→3万以内
・上級者→3万以上

こんな感じで分かれていました。

だから、僕は初心者のくせに見栄張って23,000円程のロッド買っちゃいました。。涙

安くて高品質なロッドあるのに。。無知って怖いですよね。。

※でも、慣れれば23,000円でも使いこなせます。それしか、使っていなかったので、慣れるしかなかった。笑笑←これが本質ですが。。

まあでも、デメリットしかありませんでした。見栄張りすぎて、誰も教えてくれない。汗

なので、最初は見栄を貼らずでも大丈夫です。

でも、良いロッドにはしていた方が後々に繋がります。

ノーブランドの5000円くらいの竿で、根掛かりして折れた時どうですか?←ショックですよね!もう釣りやめようかなってまで落ち込みます。

それと、初めは色々やりたい欲が出ますよね。でも、絞りましょう。

話しが脱線したので、本題に戻ります。

ソルパラは、色々なルアーに対応出来ます。←でもここ、海ならメタルジグだけにしてみましょう。

ルアーの種類も増えるとその分コストがかかります。

じゃあ、少しグレードUPしたクロステージにしてみてはいかがでしょうか?

30g〜50gのジグに対応。

30.40.50gのジグに絞られるし、カラーも後々欲しくなります。

なぜなら←濁り時には赤金。夕まづめ時にはグロー系カラー。透き通ってるときは、ピンクやカラフルなジグなどなど、、使い分けるからです。

まだまだ迷うとこだらけです。

ジグのカラー以外に迷うもの

リール選び方

クロステージライトショアジギングなら、

リールの番手3000番クラスなら軽くて扱いやすいです。

そこまで大物と戦う必要ないので、3000番で全然余裕です。

これは、リールの説明なので、より知りたい方はこちらをどうぞ。

【迷う】SHIMANOルアーフィッシングリールの選び方【初心者向け】
これから釣りを始められる方が迷うリールを買う前に覚えておいた方が良いので、簡単にわかりやすくまとめています。SHIMANOのスピニングリールの選び方を自分にあったリールを選んでください

相場も5,000円から10,000円以内で大丈夫かと。。

PEラインとリーダー

ラインは1.0号が一般的です。

0.8号はエギングなど。(イカ釣り)

1.2号以上は青物や重たいジグを投げる際に必須となってきます。

PEラインは、細い糸を4本又は8本を捻り作られている糸で軽いため、飛距離が出ます。

伸びがなく遠くの魚を合わせる時に、時間差がなく、上顎に針をかけることが出来ます。

※擦れには弱いため、リーダーに必ず結びましょう。(結び方はFGノット)←PEラインとルアーを直結するとルアー無くします。

リーダーは20lbあれば大丈夫です。

フロロカーボン素材で、擦れに強いのが特徴で、伸びがあります。

魚が根に入りそうになって糸が擦れる場合があります。そんな時にリーダーを付けていたら対処出来るためです。100%ではないですが。

【目安まとめ】PEラインとショックリーダーの選び方【一石四鳥】
初心者の時にとても迷ってしまうPEラインとショックリーダーの組み合わせの解説です。わかりやすく目安の表を記載しているので、持っておくと便利です。リールやジグの重さも一緒に確認してみてください。

メタルジグ

メタルジグはジグパラをおすすめします。

なぜかというと、ジグは一つ一つに特徴があります。ただ巻きで使用できるものや、アクションを入れた方が良いものなど。

この海の特徴に合う、メタルジグを選ぶのもライトショアジギングの楽しみの一つでもあります。

そして、YouTubeで勉強できます。

検索で【ヒロセマン】で調べて見てみると、釣り方や特徴など、初心者に寄り添って配信してくれています。

ターゲット別に釣り方などを教えてくれているので、ジグを買って釣れない時にどうすれば釣れるのか、再度動画を見て勉強できるからです。

【ジグパラシリーズ】使いこなそうメタルジグ5種 特徴
メタルジグの種類が多すぎて分からない。それぞれに特徴や釣れる魚などあるため、どれを選べば良いのか?どんな魚が狙えるのか?どんな釣り方をしたら良いのか?この疑問にお応えしていきます。

まとめ

始めは、とても迷います。

どれが良いのかもわかりませんよね?

いっぱい時間をかけて、いっぱいお金をかけて失敗してきたので、これがお役に立てれば光栄です。

また、わからない事などあれば気軽にコメント下さい!!

コメント

  1. […] 【解決】ライトショアジギングロッドはルアー(ジグ)の重さで決める人気のスポーツ『ライトショアジギング』で使用するロッドはルアーの重さで選んでください。釣りたい魚種やル […]

  2. […] 【解決】ライトショアジギングロッドはルアー(ジグ)の重さで決める人気のスポーツ『ライトショアジギング』で使用するロッドはルアーの重さで選んでください。釣りたい魚種やル […]

  3. […] 【解決】ライトショアジギングロッドはルアー(ジグ)の重さで決める人気のスポーツ『ライトショアジギング』で使用するロッドはルアーの重さで選んでください。釣りたい魚種やル […]

  4. […] 【解決】ライトショアジギングロッドはルアー(ジグ)の重さで決める人気のスポーツ『ライトショアジギング』で使用するロッドはルアーの重さで選んでください。釣りたい魚種やル […]

タイトルとURLをコピーしました