【弱肉強食】簡単泳がせ釣り アジ サバ 使用タックルは?

Enjoy fishing

今回は、初心者の方向けに、サビキ釣りやスーパーライトショアジギングなどの簡単釣りで、釣れた魚を泳がせしてみて、少し大きな魚を釣ってみよう。。というコーナーですww

人間が、魚や、豚、牛などを頂くように、

魚も、大きな魚が小さな魚を食べるので、釣り初心者でも、大きなあたりが楽しめる。

但し、泳がせと言っても、一日中あたりがない日ももちろんあります。

あたりがある時は、何度も。。。

そこで、今回は使用タックル(道具)を集めてみたので、参考にどうぞ

使用タックル集

  • 竿
  • リール
  • サルカン
  • スナップ付きサルカン
  • シモリ玉
  • おもり
  • ショックリーダー

竿(ロッド

まずは、竿ですが、泳がせ釣りは10㎝〜15㎝ほどのアジ(餌)を使います

そのアジを食べる巨大魚がくるので、ある程度竿の強度があるものを選びましょう

初心者からスタートする場合は、投げ釣り用に買った竿が良いでしょう。

投げ釣り用初心者向けはコチラをどうぞ↓↓

スーパーライトショアジギングロッドでも、出来ますが、折れる心配が、、、

なので、

ライトショアジギング、シーバスロッド以上は必須かと思います

ライトショアジギングロッドは以下を参照↓↓

シーバスロッドは以下を参照↓↓

リール

初心者の場合、リールも2000円ほどのリールで充分対応出来ます。

ライトショアジギングで使用するリールでも対応可能です

ドラグと呼ばれる、リールに付いてる機能(強い引きの場合に、緩めて置くことで、竿が持っていかれたり、糸が切れなくなったり)がついているので、活用しましょう

初心者向けリールはコチラをどうぞ↓↓

サルカン

道糸とハリスのジョイント部分

オモリの役目にもなります

以下を参照

スナップ付きサルカン

サルカンにスナップ(引っかけ)が付いています。取り外したりできる優れものです。

ルアーでも使用します

以下を参照

ルアー用はコチラをどうぞ↓↓

シモリ玉

ストッパーの役目をこなしているので、持っていると便利。

ウキ釣りでは、ウキとサルカンがひっかからないようになどの使用用途があります

シモリ玉はこちらを参照

オモリ

泳がせでは、小さなアジを付けますが、力はつよいため15号以上は必須です(動きがでてしまうと、根に入られたり、根がかりの原因にも)

出来るだけ遠くに飛ばしたい場合、オモリを重くしていきましょう

オモリは以下を参照(釣具屋さんでは1個何十円とかで売っています)

ショックリーダー(ハリス)

フロロカーボンなどの強めのハリスを使い、大きな魚に対応していきましょう。

チヌ用ハリスだと、すぐに切られてしまいます

ショックリーダーはこちらをどうぞ(太すぎても警戒されるので、あまり太すぎず細すぎずで)

ハリ

針はチヌ用や鯛用で対応可能です

5号以上あれば、良いです

チヌ針は以下を参照↓↓

エレベーター仕掛け

オモリを付けて投げて、スナップ付きサルカンにハリス、針をつけ魚をつけて道糸にスナップをかけて落とすというやり方もあります。

※泳がせ釣り注意点やポイント※

針は2本までにしましょう(魚は泳ぎ回るので、仕掛けが絡まります)毎回替えるの大変。

鼻掛け、背掛けと両方に掛けたりしますが、

鼻掛けのみだと、投げるときに外れる可能性が高いです(魚が弱りにくい)

背掛けだと(魚が弱りやすいため、魚の交換が必要)

サバの泳がせは、切り身の方が当たりやすいかもしれません。

アジの泳がせで、たまに顔だけ残って後は食べられている場合、ヒラメなどの可能性が高い

エイなども釣れやすいが、毒針に、注意が必要です

コメント

タイトルとURLをコピーしました