【ジグパラシリーズ】セミロングを知り中型魚から大型魚まで

Enjoy fishing

メジャークラフトのジグパラシリーズで大型魚を攻略

ジグパラシリーズの中でも信頼がおけるシリーズセミロングについてまとめています。

 【悩み】
・ショアジギ始めたけど、メタルジグ多すぎてどれを選んで良いかわからない?
・使い方がいまいちわからない?
・アクションは必要?

この辺の疑問にお応えするのと、実際の釣果の感想も綴っていきます。

ジグパラセミロングとは?

【メジャークラフト】ジグパラセミロング

釣具メーカー【メジャークラフト】のメタルジグの中でも、ど定番ジグになります。

場所やアクションなど選ばずに使用できる、人気のジグとなります。

サイズとカラー

サイズ・・・40g、50g、60g

※ショアジギの中では重ためのジグです。波が強くボトムが取れない時は60gがおすすめです。

カラー・・・サイズに各17色

  • イワシカラー
  • ピンク
  • 赤キン
  • ブルピン
  • カタクチイワシカラー
  • ブルーシルバー
  • ゼブラグロー
  • シルバー
  • イエローチャート
  • グリーンバック
  • 緑金
  • 桜シルバー
  • イワシスペシャルカラー5種

※海の様子などで、カラーを変えて楽しめます。濁り時には赤金。朝まづめ、夕まづめにはゼブラグローなどで魚へ気づかせる。

(色を変えるだけで釣果が変わります。)

カラーや価格帯はこちらを参照に

特徴

初心者でも扱いやすくセンターバランスで、下側の一部が左右非対称のため、ただ巻きでも右に左にスライドアクションを起こしてくれます。

イレギュラーなフォール(落ち方)をするので、上を見上げている魚へ弱った魚の演出をしてくれる。

多層コーティングではがれにくく、日本製のオリジナルフックで、針先が鋭く狙った獲物は離さない設計になっているのが特徴。

ジグパラセミロングの使い方

セミロング使い方

ケースから出すとフックは付いた状態なので、リーダーに結ぶだけで使用可能です。

※ケースなどのゴミは持ち帰りましょう。

結ぶところ

まず、始めたばかりの場合迷いどころが、何処に結べば良いのか?わかりません。

スプリットリングと溶接リングがあり、スプリットリングに直結しましょう。

アクションの付け方

ただ巻き

投げる→ボトムに落とす→10回ほど早まき又は遅まきでまく→そしてフォールさせる

投げる→中層に落とす→10回ほど早まき又は遅まきでまく→そしてフォールさせる

上層は早巻き

スローなワンピッチジャーク

投げる→ボトムに落とす→10回ほど早まき又は遅まきでまく→そしてフォールさせる

投げる→中層に落とす→10回ほど早まき又は遅まきでまく→そしてフォールさせる

上層は早巻き

リフト&フォール

投げる→ボトムに落とす→5回ほど早まき又は遅まきでまく→そしてフォールさせる

※ボトム中心に狙っていくアクション

まとめ

セミロングシリーズは良く使います。波が強く右に左へ流れの強い場合は重ためのジグをボトムに落として、ボトム中心に狙って行きます。

濁りの強い時は赤金やゼブラグローカラーなどで、若干濁りのある時はブルピンでもあたりがあります。

60gは風の抵抗も受けやすく、飛距離はあまり出ません。重たすぎると逆に飛距離が出ないです。40gや50gほどが投げやすく飛距離も出やすいです。

【ジグパラシリーズ】使いこなそうメタルジグ5種 特徴
メタルジグの種類が多すぎて分からない。それぞれに特徴や釣れる魚などあるため、どれを選べば良いのか?どんな魚が狙えるのか?どんな釣り方をしたら良いのか?この疑問にお応えしていきます。

コメント

  1. […] まだ、暗い内はジグパラセミロング40gのオールグローを使用し、発光で勝負。あたりなし、、、 […]

タイトルとURLをコピーしました