【迷う】ショアジギングでのジグのサイズ選び【使いこなす】

Enjoy fishing

ショアジギングで最も楽しくて奥の深いメタルジグのサイズ選び

ただし、

種類が多くてわかりませんよね?

大きさ、形、色など気になる点はいっぱい

今回は、ジグのサイズ(大きさ)の使い分けについて説明していきます。

ショアジギングでのジグサイズの選び方

メタルジグは大きくわけて、

 【ボディ】

・コンパクトボディ(写真上)
・万能ボディ(写真中央)
・スリムで長いボディ(写真下)

この3つに分かれているかと思います。

それぞれの特徴と使う場面を書いて行きます

ルアーのサイズは目の前で泳いでいる魚の大きさや泳いでいる魚の種類によって選んでみて下さい。

でも、60gの大きいジグでも20センチくらいの魚は釣れます。

コンパクトボディ

シルエットが小さく、魚も食べやすいサイズ

鯛や黒鯛、根魚などに有効で、主に貝や海老などを捕食するサイズに合わせてあげる事が良いでしょう。

万能ボディ

小型のアジやサバ、などの形状をしたシルエットになっているルアーですが、

オールジャンルに対応出来ます。

ただし、イソメやゴカイ、貝や海老などを捕食する夜の時間帯は不向きになります。

スリムで長いボディ

サーフなどで用いられるスリムボディですが、ベイトとなる魚が、イワシやキスなどの細長いシルエットが多いため、有効

ヒラメやマゴチといった小魚を捕食するので、細身のシルエットが良いためとされています。

そして、青物にも有効

まとめ

もちろん正解はないですが、

釣り場にいる、ベイトとなる魚のシルエットに合わせてみると良いでしょう

コメント

タイトルとURLをコピーしました