【本牧埠頭】釣り釣果記録!!タチウオとシーバス入れ喰い2020.10.05

釣行データ

こんにちは!

釣鯛吉です。

ここでは、釣果データ【日記】を記しています。

釣果への第一歩として、参考になれば幸栄です!!

【本牧埠頭】釣り釣果記録!!タチウオとシーバス入れ喰い2020.10.05

本牧埠頭での釣り記録

時期により入館時間が決められており、10月秋は朝の6時にopen

駐車場は早くから入れ、車中泊で時間まで待機

30分前から券を買うことができ、券を買ってから並ぶようだ。

平日にもかかわらず朝から長蛇の列でした。週末なら恐ろしい

地元の方に挨拶をしたところ、会話が弾み最近の釣果情報を教えて頂いた

隣にあるD塔付近は、最近の釣果はあるそうで、ここ本牧埠頭は渋いようだった

台風の影響で突堤などが破損し、工事中のため一部閉鎖されているそうだ

時間の6時になり、順番に入っていく

2020.10.05のデータ

この日は風が強く、向かい風だった。

しかし、波は左から右へと60gのジグで20m以上ボトムに着くまでに流された

朝一から、ナブラほどではなかったが青物のハマチ、メジロクラスが少数でボイルしていた

一瞬の出来事ですぐさま消えた

午前中はくもりで、風もあり波もあった

釣果記録

この日の釣果は、

・タチウオ4枚
・シーバス6枚

でした

まず、周りでタチウオが釣れ出しエサ釣り、ルアーが入れ喰いだった

隣の方は良型のアジが釣れていた

40gのジグでは、右に強く流され隣の方とおまつり状態になってしまうので、60gのジグに変えた

左隣はルアーだったため、声を掛けた

『強く流されるので、左に投げます』

隣の方も、

『僕もそうします』

と、快く受け取って頂けた

そのままボトムまで落とし、ワンピッチで立ち上げた

すると、10回から15回あたりで喰ってくる

イメージでは、中層あたりでした

そのまま巻いていくと、周りと同じく細長い物体が浮いてきた。

ショアジギングロッドだったので、そのままブリ上げ

指4.5本はあった

続いて、

2.3投に一度釣れ合計4枚となった。

その後あたりはなくなり、タチウオも沖の方へ向かったのか、周りも釣れなくなった後に

今度はシーバスの入れ喰いになった。

【タチウオは共喰いするからシーバスの煌びやかさに突進するのかな?】

とか、考えており

とにかくシーバスなので、jackalのメタルバイブレーションに変更した

波が強いのは変わりなく、ボトムまで落とすのが厳しかった。

なので、カウント10秒から15秒あたりで中層を探るイメージで軽くワンピッチをしていると、これまたパターンが出来

合計で掛けたのは10匹だった。

ランディングネットを持ってきておらず

ブリ上げの際に4枚バラシ

合計6枚となった

40cm〜60cmの幅のシーバスが周りでも入れ喰い

あの潮の流れやタチウオが居なくなってからの活発の高さは秋の入れ喰いに入った合図だったのかもしれない

喰わない時は喰わないけど、喰うときはとことん喰うので、中々楽しめた1日だった

入れ喰いの時間帯は7時から9時というたったの2時間だった

コメント

タイトルとURLをコピーしました