【アジング初心者】必要な専用タックル集 7つ道具を揃える

Enjoy fishing

釣りを始めた頃はサビキ釣りやエサ釣りをやってきて、ルアフィッシングもちょっとやってみる。

ですが、専用の道具を使ってみたい!!

どれを選べば良いのか?わからない?

ここでは、専用のロッドやリール、仕掛けまでこれだけ揃えれば始められる、長く楽しめる道具をまとめています。

アジングとは?

軽装備で、専用のロッドや小型のスピニングリール、ジグヘッド、ワームなどを用いり手軽に楽しめるライトゲームとなります

元々メバリングが流行しており、メバリングでアジを狙っていたが、アジはかかっても口周りが柔らかく、すぐにバラしてしまうため、ティップ部分(竿先)を柔らかくし、あたりが針が口から外れないように専用ロッドが出来たのがキッカケとの事です。

アジの特性は?

アジは鳥などから身を守るため、背側は暗くなっており、気づかれにくい色をしている

岩礁帯、サンゴ礁帯、砂泥地や沖合を回遊している魚種もいる

肉食性で小魚、甲殻類、貝類、頭足類などの小動物を捕食する

必要タックル集(7つ道具)とは?

  • 専用ロッド6〜7ft
  • スピニングリール
  • ライン0.3号
  • リーダー0.8〜0.9号
  • ジグヘッド1.5g
  • ワーム①アジPIN
  • ワーム②アジFLAT

秘密の7つ道具はこれだけ。

アジング専用ロッド6〜7ft

アジング専用ロッドはティップ部分(竿先)だけ柔らかく曲がるようになっており、アジに合わせたハリがあるのが特徴です

ジグヘッドにワームを付けてアジを狙うだけでなく、メタルジグなどのハードプラグにも対応出来るロッドになっている

6ft→軽くて、女性や子供なども扱える、ナイトゲームなどの常夜灯の下(近場)を狙う際は短めのロッドで良い

7ft→少し遠目も探りたい時はロッドを長くする事で、飛距離が伸びオールラウンド狙えるようになります。


スピニングリール2000番

2000番3000番4000番などリールには番手があり、右にいくにつれて重さや、巻く長さなどが変わってきます

一日中釣りを楽しむのなら、軽量な2000番クラスを選ぶと良いでしょう。巻き上げの長さも変わってくるので、アジが釣れやすくもなります

ライン0.3号

ラインも、ナイロン、フロロカーボン、PEラインの3種類がありますが、

フロロカーボンは太く沈みやすいが、飛距離がでない。擦れに強い

ナイロンは程よく沈み、飛距離もフロロとPEの間と思って下さい。

PEは、細くて軽いため、沈まないが飛距離は出る。擦れに弱い

PEラインの0.3号(6lb)でも、強度があり飛距離もでるためルアーフィッシングでは人気のラインとなります。

リーダー0.8〜0.9号

ジグヘッドやメタルジグなどをラインに直結ではなく、海中の岩場など擦れの強いフロロカーボンのショックリーダーをラインに結ぼう

魚が根に入る可能性もあるため、バラシを無くすためにも、ショックリーダーは必須アイテムとなります。

ジグヘッド1.5g

ジグヘッドとは、オモリとハリが一緒になったもので、重りの必要はなく、針にワームを取り付けるだけ。オモリの重さを変えて狙う魚種、大きさなど変えていけるメリットがあります。

針が上向きなので、根がかりの防止にもなります

ワーム①アジPIN

アジング専用モデルで、軽いバイブでアジを引き寄せやすくなっている

アジの反応が良く、数釣りを楽しめるワームとなっております。ボディ部部分は針に刺しやすく、テール部分はアジが丸呑みしやすいような設計となっているワームです

ワーム②アジFLAT

こちらもアジ専用に作られたワームとなります。

強いバイブでアジが気付きやすく、良型のアジ釣りを楽しむことが出来ます。こちらも丸呑みしやすいように、テール部分が細めに設計されている

アジング釣り方の基本は?

キャストしまずは底に落とす、軽くティップ部分をチョンチョンと2回ほどアクションを入れる。一巻きしてまた2回いれフォールさせあたりを探る。

底にあたりがなければ、中層、表層とタナを秒数で分けキャストし、5秒で巻くや10秒など数えてあたりのある場所を探す。

朝マヅメや夕マヅメなどの活性の湧く時間帯やナイトゲームなど、常夜灯などの近場で探ります。

そこまで、大きな魚を釣るわけではないので、合わせ過ぎないも大事です。(アジは口が柔らかい)

まとめ

初めてのアジングを楽しむなら、低価格な専用ロッドや専用ワームなどを用いりアジの習性などを把握し、楽しく釣りをしましょう。

時間帯によっては数釣りや深くなればなるほど、良型のアジ釣りが楽しめます。

アジは繊細で、難しい釣りでもあるので、極めるとどんどん楽しくなっていく事でしょう。

手も汚れないし、ゴミも出ない釣りで手軽に始められる釣りとなります

釣果UPに繋がれば光栄です

※釣り場で出たゴミは持ち帰りましょう。釣り場がなくなったり、プラスチックゴミを食べた魚が減少しています(社会問題)ルールを守り楽しく釣りをしましょう。

コメント

  1. […] アジングタックルはコチラから確認して下さい […]

  2. […] アジングに必要なタックル集はコチラを参考に […]

タイトルとURLをコピーしました